キャリアセミナー「働くを考える」を開催しました。

6月19日、キャリアセミナー「働くを考える」を開催しました。講師には、広島信用金庫人事課課長代理で、本学のOBでもある箱﨑 亮祐様をお迎えして、働くとは? 仕事を選ぶにあたって「働く」の意味を、また自分に合った仕事の選び方の参考となる考え方についてお話をしていただきました。

018箱﨑 亮祐さんからのメーセージ

  • 広島で生まれ育ったので広島が大好き。広島のために頑張りたい、広島(地域)の人々に恩返しをしたいと思い現在の会社に入社。広島で頑張るという、ここだけ譲れないところをもってやれば必ずいい結果がでてくる。
  • 入社当時上司から言われ印象に残っていることは、ゴミだしなど雑用でも勤務時間の中でやることは仕事だからきっちりやること
  • 自分は将来どうなりたいか、どういう人生を送りたいかを早めに決めておくこと。自分は何で就職するのかあいまいで就活している人が多いが、必ず一つ答えを持っていないといい結果がでない。社会人になってどういう自分になっていくのかつくっていくことも大切である。
  • 仕事をするうえで大切なことは、相手のことを考えて仕事ができるかどうかである。プロフェッショナルとは、楽しく仕事をすること。自分の仕事にプライドと誇りをもつことである。仕事ができるのはもちろん、明るく元気に、この人と一緒に働きたいと思うかどうかがポイントである。
  • 就活のポイントは、早めに動いている人はいい結果がでている。面接で印象に残っている人は、話をしていてとにかく自然体である。背伸びをせず笑顔を交えて話してくれる。聞いていて心地よい。この人ならばお客さんのファンがたくさんつくだろうなと思わせる。また、一つのことをずっと長くやっている人はそうでない人と比べれぱ、その人しか得られないものを持っている。こういう人はどうやって局面を乗り越えたかもきちんと話せる。自ら進んでいろいろな体験をしている人は引出も多いし、話をしていても面白い。

受講生の感想

  • 就職活動をしていくうえで、目の前のことに精いっぱいになり何をもって働くか考えることを忘れていた。今回のセミナーで「働く」ことをもう一度考えることができた。どこに入るのではなく、入社後どのように働くのかをしっかり考えて就活しようと思った。
  • 仕事というものに対して考えが変わりました。自分がどのような目的で就活をするのかなんて考えたことがなかったので、これからしっかり考えていこうと思う。雑用も大切な仕事であるという話は社会に出てから重要になると思った。
  • 自分の進む道筋がぼんやりと見えてきた気がした。
  • どのような学生がほしいのか、「働く」とはなんなのか詳しく聞くことができてこれからの就活に生かしたいし、早く動き出そうと思った。
  • 自分の軸をもつことが就活の成功につながると思うので、これからは自分の軸を見つけていこうと思う。
  • 今回の講義で人事部のお話を聞くことが本当に良かった。このようなセミナーを定期的にやってほしい。