外国人留学生のための就職支援セミナーを開催しました。

DSCF0373外国人留学生のための就職支援セミナーを平成27年7月24日、キャリアセンター主催で初めて開催しました。講師には、広島県留学生活躍支援センターのキャリアカウンセラーである尾本勝昭さんに参加留学生19人に、日本での就職の仕方、留学生の就職活動における現状と課題、どう学んで就職するかなどについてお話をしていただきました。参加者のほとんどが日本での就職を希望している方ばかりで、熱心に講師の話に聞き入っていました。尾本キャリアカウンセラーは、「日本の就職活動は世界的に見て日本独特の就職活動の方法なので、早めの準備と計画が必要である。それと強い意思を持って望んでほしい。就職のことで困ったことがあれば、大学のキャリアセンターに相談するのもいいし、広島県留学生活躍支援センターでは留学生の受入れから就職まで多様な支援を行っているのでぜひ利用してほしい。留学生対象のインターンシップや合同企業説明会、就職セミナー・ビジネスマナー講座、個別指導・相談や留学生と企業を対象にした企業・留学生交流サロン等を開催しているのでいつでも気軽に立ち寄ってほしい。」と話しておられました。

留学生の就職事情

  • 2013年の留学生の日本での就職者数は11,647名。過去最高を記録。広島県は118名。留学生の日本での就職希望者は約6割。留学生の就職率は30%以下。
  • 就職先の傾向として、中堅・中小企業への就職が約7割。その内、従業員100名以下の中小企業への就職は約5割。就業ビザの発行は「人文知識・国際業務」が7割と文系学生が多い。出身地別構成比では中国が約6割、非製造業が約8割。職務別では①翻訳・通訳 ②販売・営業 ③情報処理の順に多い。