キャリアセミナー「働くを考える」を開催しました。

12月16日、キャリアセミナー「働くを考える」を開催しました。講師には、東京海上日動火災保険株式会社中国四国業務支援部・人事総務グループ課長代理の細川智子様をお迎えして、「社会人として働く」とは? どのような仕事・企業を選ぶのか? 企業が求める人材像について、実際に働いている社員の映像も紹介しながらお話しをしていただきました。DSCF0482

細川様からのメッセージ

  • 仕事・企業の選び方について どんな風に働きたいのか?  どんな人生を送りたいのか? 一言でいうと「自分らしく活躍できる仕事・企業」を選んでほしい。自分が働いているイメージ、自分が輝いているイメージを持てるかどうかである。そのためには自己分析と業界・企業研究が大切である。自分の強みや大切にしていることを踏まえて自分の軸を持ちながら、社員と接点が持てる機会(説明会やインターンシップ、社員訪問)を通じて、自分が成長できそうか? どんな風土なのか? 自分の軸と照らし合わせて企業研究していただければと思う。
  • 女性の活躍について 女性の活躍をサポートする制度は各社様々あるが、当社の場合には、出産・育児休暇、短時間勤務制度、JOBリクエスト制度等がある。制度の有無だけではなく、その内容や、制度を支える「風土」を理解することも大切である。仕事と家庭を両立してみて大変だったことは、時間面(時間がない)のことと、家族や自分の健康管理。一方、仕事と家庭の両立は、相互に良い影響を与えてくれたと感じている。是非、前向きにチャレンジし、「選択肢」の多い人生にしてほしい。
  • 求める人材像について 指示に従って正確に対応することも必要であるが、当社が求める人材像は「自ら考え、発信し、行動する個性豊かな人材」である。それに近づくためには、まずは「気づき力」UPを! 「気づき力UP」のポイントは、常に周囲に興味を持つこと、気づきの「数」にこだわること(広さ)、なぜ? どうして? を繰り返すこと(深さ)、習慣化することである。さあ、早速始めてみよう。

受講者アンケートからの感想(抜粋)

  • 女性が働きやすくなるための具体的な制度、企業が求める人材像など今日からできることを知ることができたので不安が軽くなった。仕事と家庭の両立の話など、女性目線からキャリアの話を聞けてとても良かった。
  • 映像で働く姿を見ることで「働く」をよりリアルな事柄としてみることができた。
  • 企業を選ぶポイントや企業が求める人材、そうなるためには日々何をすればいいのかが分かって良かった。
  • 自分の興味にはなかったけれど、初めて知ることも多く興味が湧きました。企業選びの軸をしっかり持って、企業研究をしたいと思う。