インターンシップ受け入れのお願い

企業のみなさまへ

本学では学生が自己の能力・適性などを知り、また、就業に対する意欲や職業観を育成するうえで、学生のキャリア形成の一環としてインターンシップを広く奨励しており、毎年、多くの企業様のご賛同とご協力により実施しているところです。
つきましては、本学学生のインターンシップの受け入れについて、是非ご検討の上、受け入れが可能でありましたら、下記フォームからお申し込みいただきますようお願い申し上げます。また、貴社で募集要項等を作成されている場合は、その様式を本学キャリアセンター宛にメールもしくは郵送でお送りいただけると幸いです。

  →→→ インターンシップ募集フォーム ←←←

1 大学における指導
①事前指導 インターンシップの目的、心構え、マナー等について実施します。
②事後指導 終了後、日報と報告書を提出させたうえで報告会を行う予定です。

2 受入書類作成等
①実習期間の交通費、食費、賃金は不要です。
②定められた実習期間(理系2週間(10日間)以上、文系1週間(5日間)以上)以上であれば単位認定されますので、可能であれば単位取得可能な実習期間を設定いただければ幸いです。
③受入れに関する書類は原則として本学様式で作成します。

3 学生が加入する災害補償等
〔災害補償〕学生教育研究災害傷害保険(死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険)
〔損害賠償〕学生教育研究災害付帯賠償責任保険(対人1億円限度 対物250万円限度)
 

各学部インターンシップ説明会を開催しました

以下の日程で学部別でインターンシップ説明会を行いました。
4月17日(月)・・・芸術学部
4月21日(金)・・・情報科学部
4月26日(水)・・・国際学部

インターンシップに参加するメリットや就職活動への活かし方などを
外部講師の方や先生に話していただきました。
また、昨年度インターンシップに参加した先輩の体験報告もしていただきました。

大学推薦のインターンシップ募集要項は6月上旬に随時公開予定ですが、現時点でいくつかインターンシップの募集をしている企業もありますので、興味のある学生は、詳しくはキャリアセンターに確認に来てください。

インターンシップで「何をするか」という目的意識と「何をしたか」という達成感を語れるようになると、後々の就職活動にも活かすことができますよ。