情報科学研究科修了生によるパネル討論「研究活動と社会とのつながり」

広島市立大学は広島県教育委員会と共同で「中高生の科学研究実践活動推進プログラム(研究指導力向上型)」を実施しています。これは、広島県内の高校生が行う研究活動を推進・応援するものです。その事業の1つとして以下のとおり開催することとしましたのでここにご案内申し上げます。皆様のご参加をお待ちしております。

  • 開催日時:平成29年2月23日 (木) 16:30-18:30 (16:00受付開始)
  • 会場:(メイン) 広島市立大学講義棟 404 講義室
    (広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号)
 ※バス停「沼田料金所前」より徒歩8分
    (サテライト) 広島市立大学サテライトキャンパスセミナールーム1 (ライブ中継)
    (広島市中区大手町4-1-1 大手町平和ビル9階)
  • お申込み方法
    • 高校生・高校教員の皆様は、高校の先生を通じて市原 (以下の申込先) まで電子メールにてお申し込みください。 2 月 17 日 (金) までにお願いいたします。
    • 本学の学生・教職員は申込み不要です。
  • 講演者: 大石恭弘(株式会社インターネットイニシアティブ ネットワーク本部IoT基盤開発部)
    北山翔馬(NEC テレコムキャリアビジネスユニット NTT営業事業部)
    矢口彩香(株式会社マツダE&T 第2車両設計部)
    ※いずれも、広島市立大学大学院博士前期課程情報科学研究科修了者。
    (司会:市原英行(広島市立大学情報科学部進路指導委員/情報科学研究科准教授))
  • 趣旨・内容:広島市立大学大学院情報科学研究科の修了生を招いて、学部生や大学院生のときの研究活動とその成果を振り返りながら、それが現在の仕事にどのようにつながっているかを講演してもらい、参加高校生・高校教員の皆様と研究活動の意義について議論します。高校生の研究活動の推進とともに、高校教員の研究指導の支援を図ります。さらに、本学の学部生、大学院生にとって、卒業研究着手・修士研究推進や、将来の進路・職業選択の参考になることを期待するものです。
  • 対象:広島県内の高校生、高校教員、広島市立大学学生(学部生・大学院生。情報科学部・研究科以外の学生も参加できます。)
  • プログラム (案):
    16:30 – 16:45 オープニング
    16:45 – 17:30 情報科学研究科修了生3名による講演
    17:30 – 18:00 討論・質疑応答
    18:00 – 18:20 クロージング・アンケート
  • 申し込み・問い合わせ先:市原英行(情報科学研究科情報工学専攻)
    email: ichihara <at> hiroshima-cu.ac.jp