情報科学研究科修了生によるパネル討論「研究活動と社会とのつながり」(2016年2月開催)

広島市立大学は広島県教育委員会と共同で「中高生の科学研究実践活動推進プログラム(研究指導力向上型)」を実施しています。これは、広島県内の高校生が行う研究活動を推進・応援するものです。その事業の1つとして以下のとおり開催することとしましたのでここにご案内申し上げます。皆様のご参加をお待ちしております。

  • 開催日時:平成28年2月21日 (日) 10:00-12:30 (9:30受付開始)
  • 会場:広島市立大学 (広島市安佐南区大塚東三丁目4番1号)
 ※バス停「沼田料金所前」より徒歩8分
    講義棟 603 講義室
    (※参加申込み状況に応じて変更の可能性があります)
  • お申込み方法
    • 高校生・高校教員の皆様は高校ごとにまとめて広島県教育委員会を通じてお申し込みください 。期限は 2 月 12 日 (金) です。必要様式は次のとおりです。
      様式1:参加申込書様式2:経費等内訳書(旅費)
    • 本学の学生・教職員は申込み不要です。
  • 講演者:
広島市立大学大学院情報科学研究科博士前期課程修了者4名を予定しています。
  • 趣旨・内容:広島市立大学大学院情報科学研究科の修了生を招いて、学部生や大学院生のときの研究活動とその成果を振り返りながら、それが現在の仕事にどのようにつながっているかを講演してもらい、参加高校生・高校教員の皆様と研究活動の意義について議論します。高校生の研究活動の推進とともに、高校教員の研究指導の支援を図ります。さらに、本学の学部生、大学院生にとって、卒業研究着手・修士研究推進や、将来の進路・職業選択の参考になることを期待するものです。
  • 対象:広島県内の高校生、高校教員、広島市立大学学生(学部生・大学院生。情報科学部・研究海外の学生も参加できます。)
  • プログラム (案):
    10:00-10:10 オープニング・趣旨説明
    10:10-11:50 情報科学研究科修了生4名による講演
    (途中休憩・質問整理のための時間あり)
    11:50-12:20 討論・質疑応答
    12:20-12:30 クロージング
  • 問い合わせ先:井上智生(情報科学研究科/キャリアセンター長 tomoo <at> hiroshima-cu.ac.jp)