講義「キャリアデザイン」で本学先輩が後輩に話をしました。

6月10日、「キャリアデザイン」の講義で本学OB・OG3人が2年生に今の仕事のことや大学で何を学び、大学生活をどう過ごせばよいのかなどについて話をしてくれました。この後、先輩を囲んでのグループディスカッションもあり、学生たちは先輩達の話を通して学生と社会人の違いや先輩達から見て今、どんな力を付けなければいけないのかなど直接聞けてとてもいい勉強になった。また先輩たちの話が聞ける機会を設けてほしいという声もありました。DSCF0308

※先輩からのメーセージ

  • 佐古 大記さん(27年3月国際学部卒、旅行代理店勤務)
    大学4年間続けたバレ―ボール部はいい経験になった。中国に旅行したとき中国の人から「日本と中国は仲が悪いけど、私はあなた達のことが大好きだから」という言葉に感化されて今の旅行会社に入社した。4年間で自信をもって語れるエピソードを持つこと、また、自分がどういう人間なのか自信をもって語れるようになってください。自分が何をしてきたか分かっていると就活もうまくいくと思う。楽しんで大学生活を送ってください。
  • 原口 千穂さん(25年3月情報科学部卒業、ソフトウエア会社勤務)
    大学時代はマンドリンギター部の活動で明け暮れた。大学の合同企業セミナーで今の会社に出合った。採用担当者が素晴らしい方だったのでこの方のもとで働きたいと思った。今やりがいを感じるのは、上司から一言「good」と言われたときと給料日に残高照会をしたときである。学生のうちになんでもチャレンジしてみることである。大学は新しいことを始めるのに最適である。やりたいことに挑戦するなら今。資格試験はとりあえず1回受けてみてください。
  • 山田 千紘さん(23年3月芸術学部卒、人材サービス会社勤務)
    大学時代は、卒業制作とバイトに没頭していた。仕事をするうえで、学生時代の経験が自信につながった。バイト、恋愛、課外活動などなんでもいいと思う。そして何でも全力投球すること。組織(社会)のなかで大切なことは、自分の役割を理解し、やりきることである。2年前にこの「キャリアデザイン」の講義を聞いていた学生が縁あって来春我が社へ入社することになっている。DSCF0315

 

 

インターンシップに参加しよう。

この夏にぜひインターンシップに参加して経験を積み、これからの大学での勉強や将来に役立てましょう。

広島市立大学からの推薦で参加申し込みをするタイプのインターンシップの募集も始まっています。募集企業の一覧はこちら (学内限定ページ) をご覧ください。

広島東洋カープアカデミー(ドミニカ共和国)企業インターンシップ参加者が報告会を行いました。

DSCF0290広島東洋カープアカデミー(ドミニカ共和国)企業インターンシップ参加者の報告会・募集説明会を平成27年6月8日(月)、430講義室で開催しました。二村国際学部長の募集説明の後、平成26年3月から7月までの5ケ月間、広島東洋カープアカデミーでのインターンシップに参加した国際学部4年、大塚 和美さんが、ドミニカ共和国の紹介、志望動機、インターンシップの概要、5ケ月間の活動内容などをエピソードを交えてわかりやすく報告していただきました。参加してくれた14名の学生は、大塚さんの説明に熱心にメモをとるなど興味を持って聞き入っていました。大塚さん、落ち着いたしゃべりで素晴らしい報告ありがとうございました。

大塚和美さんからのメッセージ
  • DSCF0297志望の動機は、海外滞在や労働体験、自己啓発活動ができるというプログラムの魅力に加え、自分がやりたいことを見つけたい、自分に挑戦したいから。
  • 業務は、アカデミー従業員への識字教育活動、情報誌作成。
  • 研究は「学歴と雇用に関する実態調査」。識字教育は、「教育を受けていない」ということが何を表すのか、その人にどのような人生を強いることになるのかという現実に最も近くて向き合った活動であった。また、私たちが当たり前だと思っていることのうち、どれだけ多くのことが教育によって培われた財産であるかということに気づかされた。国の発展に教育が不可欠であることの意味を言葉以上に実感した。ドミニカにおける就職は、縁故や労働経験が重視されている。ドミニカでよい仕事に就くためには、より高い能力や専門性を持ち(高学歴)、それを証明できること(学歴証明書、縁故、労働経験)が必要である。
  • 自己啓発活動は日本語教育と日本語学校訪問。
  • インターンシップでの成果として、「異文化を学ぶということ」「仕事をするということ」「言葉の意味を知るということ」「自分と向き合うこと」自分が何に興味があるのか。それは何故なのか。いろいろと勉強させられた。
  • カープアカデミーへのインターンシップを考えている後輩たちへのメッセ―ジとして、「興味があったら何でもやってみたらいいと思う。チャンスがあればアグレッシブにやってほしい。カープアカデミーのプログラムはとても貴重なプログラムなので、英語ができなくても不安に思わずにぜひ挑戦してみてください。」

※内外渡航費、現地での生活費等は広島東洋カープが負担します。現在、平成27年度秋学期参加学生募集中(締切は6月19日(金)まで)

 

米国大使館・総領事館インターンシップ参加者の報告会を行いました。

DSCF0276米国大使館・総領事館インターンシップ参加者報告会を6月1日、附属図書館3階「いちコモ」で開催しました。 今年の学年末休業期間中の約1ヶ月間、東京の大使館に参加した村本 理紗さん(国際学部4年)と大阪の総領事館に参加した高田 陽一朗さん(国際学部3年)が、志望動機、インターンシップ生活、東京・大阪での生活、インターシップを終えての感想など熱心に語ってくれました。当日、会場には22人の方が参加してくれ、2人の熱弁に興味深く耳を傾けていました。DSCF0266このうち2人の話を聞いて応募してみようと申込書をもらって帰った学生も数人いました。終始和やかな雰囲気の中で、質問やジョークも飛び交うなど大盛況でした。村本さん、高田さんお疲れ様でした。そして素晴らしい報告ありがとうございました。

村本さんからのメッセージ

DSCF0271ミシェル・オバマ夫人と会えて大感激。東京ではマンスリーマンションで一人暮らしで、エセOL生活を体験できた。「さすが東京!」美味しいお店やおしゃれな店があって日本の中心感がやばい?! 物価が高くてみんな忙しそう「ちょっと東京・・・」。言葉では言い表せない貴重な体験の数々、多くの素敵な出会い、スタッフが親切で身近に感じた、将来について考える材料になった。英語の重要性と「国際的に活躍する」とは、「社会人になる」ということはどういうことか考えさせられた。あなたも「行ってよかった!」を体感してきてください。

高田さんからのメッセージ

DSCF0279インターンシップで一番印象に残ったことは、ミシェル・オバマ夫人に会えて「あなたはとてもいい経験をしています。きっとこの経験は将来に役立ちます。大変だと思いますが頑張ってください。」と声掛けしてくれたことが嬉しかった。インターンを通して変わったことは、英語に対する抵抗感がなくなったこと。身振り・手振りとつたない英語で対応したことで英語はどうにもなる、何とかなると感じた。また、「働く」というイメージが変わった。将来の道が広がった。

 

 

 

 

保護者対象教育・進路説明会開催のお知らせ

保護者の皆様

以下のとおり、平成27年度広島市立大学保護者対象教育・進路説明会を開催いたします。ご参加のほどよろしくお願いいたします。

目的

本学の保護者を対象に、学生の教育及び将来の進路(就職や大学院進学など)について情報を共有する機会を設け、本学における教育、学生生活、卒業後の進路について説明と講演を行います。第一部では、全学共通の説明と講演を、第二部では、3年生の保護者を対象に学部ごとに懇談会の場を設け実施します。

概要

  1. 日時:平成27年6月28日 (日) 14:15-16:45(後援会総会 (13:00から14:00) 終了後)
    • 第一部 教育・進路説明会 (14:15-15:15)
      会場:講堂大ホール
      内容:①「本学の教育・進路について」 (10分)
      学長 青木 信之
      ②講演:「就職活動において保護者がサポートできること」 (45分)
      NPO法人 キャリアプロジェクト広島
      代表理事 有田 耕一郎
    • 第二部 3年生保護者対象各学部懇談会 (15:30-16:45)
      会場:国際学部:図書館・語学センター棟4階403A講義室
      情報科学部:講堂大ホール
      芸術学部/図書館・語学センター棟4階408講義室
      内容:「学部の教育について」各学部長
      「学部の進路、就職状況について」
      各学部就職・キャリア形成支援委員長
      質疑応答
      ※情報科学部においては、第二部終了後、事前に申込みのある希望者について個別相談会(情報工学科・知能工学科・システム工学科・医用情報科学科)を食堂で実施します。個別相談会控室:食堂
  2. お問い合わせ先:キャリアセンター
    電話:082-830-1663、Email:career <at> office.hiroshima-cu.ac.jp